恵愛生殖医療医院は、不妊治療・体外受精・不育治療の専門医院です

アクセス  

Tel:048-485-1185Tel受付時間: 9:00〜12:00/14:00〜18:00

重要不妊治療の保険適応について(2022年4月1日更新)

不妊治療の保険適応について(PDF Ver.)ご参照ください。

別紙新料金表(PDF)もご参照ください。

 

2022年4月1日から不妊治療の保険適応が開始されます。当院でも保険が適応されますので患者様のご負担が大きく軽減されます。

以下に概要をご説明いたしますが、詳細が公開されていない部分がありますので今後変更となる可能性がありますことをご了承ください。

4月1日以降に周期を開始(月経開始後の初回受診日)した場合に保険が適応となります。3月31日までに開始した場合は保険適応となりませんのでご注意ください。

 

I.保険適応の条件(回数制限)について

治療開始日にお渡しする「治療計画書」へのご夫婦での同意・署名が必須となります。同意書をご提出いただけない場合は自費診療とさせていただく場合がございます。

 

一般不妊治療(タイミング治療・人工授精(AIH)):年齢、回数制限なし

*ただし一般的な生殖可能年齢(50歳)を超えている方は原則保険適応外(自費診療)とさせていただきます。

 

生殖補助医療(体外受精):(初回の年齢:月経開始後の初回受診日の年齢)
・初回40歳未満で開始した場合:通算「胚移植」6回まで
・初回40歳以上43歳未満で開始した場合:通算「胚移植」3回まで
・初回43歳以上で開始された場合は残念ながら保険適用がありません

(上記でも43歳以上となった場合は新しい周期には入れません。)

*保険適用の経過措置として、2022年4月2日~9月30日の間に40歳の誕生日をむかえる女性が9月30日までに体外受精を開始した場合、胚移植回数は3回ではなく6回まで認められます。また、4月2日~9月30日の間に43歳の誕生日をむかえる女性が9月30日までに体外受精を開始した場合は1回に限り採卵から胚移植が認められます。

 

2021年度までの助成金の回数制限とほぼ同じですが、回数のカウント方法が若干異なります。

回数は「胚移植」でカウントします。

採卵は回数制限がありません。ただし、保険診療で凍結した余剰胚がある場合、それをすべて融解胚移植しないと次回の採卵は保険適用できません。

保険適応となる代わりに2021年度までの助成金制度は廃止となります。

なお3月までに治療開始した場合の助成金は一度リセットされますので、4月以降の保険適応では1回目からのカウントになります。

 

※初診時検査や不育症検査など一部の検査や治療は保険適応外(自費診療)となることがございますので予めご了承ください

 

II.保険適応のメリットとデメリット

①保険適応のメリット:やはり患者様のご負担を大きく減らすことができるということが挙げられます。全国統一の料金となり、料金体系が比較的わかりやすくなります。

さらに高額療養費制度を利用することによって一カ月の自己負担額は8万円ほどに抑えることができます。(高額療養費制度については巻末をご参照ください)

また保険適応が可能な治療方法は、治療効果が確実に認められた治療法のみと決まっているため治療の標準化が期待できます。あまり治療効果がはっきりしていない治療方法は淘汰されていく可能性があります。(これに関してはデメリットとなることもあります。)

 

②保険適応のデメリット:治療が標準化されるというのは良いことなのですが、逆に最先端の医療や薬剤の導入ができなくなる、または導入が遅れてしまう可能性があります。

現在の保険制度では保険適応による治療方法と自費診療による治療方法を同時に行うこと(いわゆる混合診療)は認められておりません。したがって、現状多くの施設で行われている以下の治療や検査などは保険適応による治療方法では一切できなくなります。

・2段階胚移植法、PGT-A、PRP(PFC-FD)療法、タクロリムス内服による免疫抑制療法、など(すべて自費診療による治療方法であればこれらの方法も行うことができます)

また保険適応で使用できる注射や薬の量が決まっているため、患者様にとって必要十分な量を使用できなくなる可能性があります。

 

③先進医療:一部の治療や検査方法は保険診療と同時に“自費診療”で行うことが認められています。これが先進医療といわれるものです。

現在のところ、以下の治療方法が先進医療と認められ保険適応による治療方法と同時に行うことができます。

・PICSI、タイムラプス、子宮内細菌叢検査 (EMMA/ALICE,Varinos)、SEET法、子宮内膜受容能検査(ERA)、子宮内膜スクラッチ

(今後はPGT-Aなども追加されていく可能性があります)

先進医療に認められた方法は2-3年以内に保険適応となることが多いようです。

 

III. 自費(保険適応外)料金について

 

※初診時検査や不育症検査など一部の検査や治療は保険適応外(自費診療)となることがございますので予めご了承ください。

 

保険適応の料金体系に合わせる必要があるため、当院の保険適応外(自費診療)料金も大きく変更となります。

1.成功報酬制度は廃止となります。

保険適応の場合ももちろんですが、自費の場合の成功報酬は必要なくなります。

2.定額制度も廃止となります。

2021年度までは、超音波検査、血液検査、クロミッド料金、ホルモン補充料金等は周期開始料金に込みとなっておりましたが、2022年度以降はその都度行った分をお支払いいただきます。

もちろん、その分周期開始料金は廃止となります。

 

特に、3月31日までに胚移植周期を開始された方はご注意ください。

3月31日までに胚移植周期を開始された場合は成功報酬が必要となります。

4月1日以降に周期を開始(月経1-3日目)した場合には保険適応の場合はもちろんのこと、自費診療の場合であっても成功報酬はかからなくなります。

 

別紙新料金表(PDF)もご参照ください。

 

 

IV.高額療養費制度の概要について

保険適応による治療の場合、高額療養費制度を利用することにより月々の自己負担額をさらに抑えることができます。詳細は厚生労働省の案内をご参照ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/juuyou/kougakuiryou/index.html

 

不妊治療の保険適応について(PDF Ver.)ご参照ください。


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/keiaiclinic/tenderlovingcare.jp/public_html/wp-content/themes/keiai/single.php on line 72